運輸業の経営改善〈経営コンサルタント〉

運輸業、いわゆるトラックを保有し輸送や配送を行っている一般貨物自動車運送業者は、社数にして全国で57,000社あります(平成23年3月時点)。
そのうち岡山県内の運輸業者は1,151社、広島県内の運輸業者は1,471社となっています(国土交通省自動車交通局貨物課より)。
更に57,000社をその事業規模をみると、保有台数10台以下が54%,11台以上20台以下が23%,21台以上から30台以下が10%となっており、トラックが30台以下の運送会社が約9割を占めています。
運輸業界は小規模企業が多いのが実態となっています。

クライアントから委託を受けて、岡山県や広島県をはじめとする運輸業者の経営改善を行っていますが、事業規模に関わらず、経営改善が必要な会社は以下のような共通の問題点があります。

①下請仕事の割合が50%以上あり、かつ単価面が輸送原価を下回っている仕事量が多くを占めている
②車両別原価管理、もしくは配送エリア別原価管理が出来ておらず、どんぶり勘定である
③燃料費,修繕費,タイヤ費など輸送三費への取組が甘い、もしくはしていない
④車両購買価格が割高である
⑤運行計画の精度不足
⑥社員の意見を取り入れる場を設けていない
などなど。

「事業規模が小さいから儲からない」と思っていませんか?!
「運ぶ機能だけしかないから儲からない」と思っていませんか?!

断じて違いますよ!!

10台程度の輸配送機能しかない運送会社でも、しっかり儲かる会社に革新してもらっていますよ!
まずは現在行っているトラックを使った輸送、運送で儲かる仕組み作り、儲かる体制を構築しましょう。
基盤が整ってきると、例えばですが、製品保管や在庫管理,ピッキングやアソートや梱包の荷役,流通加工,情報処理,出荷データを解析した提案などで、更なる業務範囲の拡大が可能になります。

儲からないことに言い訳せずに、誠心誠意努力することを習慣づけられるように取り組んでいきましょう。

考え方、態度、行動を変えて 仕組みが変われば 会社が変わる。
sum3

関連記事

コロナ禍の中での経営戦略

新型コロナウイルスの感染者増加が続く中、事業継続性において苦慮している経営者の方が多いことと思います

記事を読む

物流部の役割〈物流コンサルティング〉

製造業や卸売業において、物流部はどのような役割を果たすのでしょうか? 営業部は既存顧客との良好

記事を読む

当事者としての自覚〈経営コンサルタント〉

外から見ると順調に業績を拡大させているようでも、ヒアリングすると「うちは問題だらけですよ」という経営

記事を読む

経営計画書作成の勧め

弊社では経営計画書を作成し、社員を巻き込んだ経営管理体制を構築することをお勧めしています。 弊

記事を読む

お客さんに買ってもらうには〈経営コンサルティング〉

自社が提供する商品やサービスを顧客に買ってもらうためには、どうすればいいでしょうか? 飲料や化

記事を読む

物流作業の生産性を高める1〈物流コンサルティング〉

物流作業の生産性を高めるためには、何に取り組めばいいでしょう? このようなことを検討する場合には、

記事を読む

正しい指標管理とは〈経営コンサルタント〉

経営コンサルタントは企業が経営戦略を立案することをサポートし、施策に対して指標を設定して進捗をモニタ

記事を読む

裸の王様〈経営コンサルタント〉

経営コンサルタントとして独立して5年目になる。 その間、製造業・運送業を中心に、様々な課題を抱

記事を読む

リーダーは同じことを何度も伝えること〈経営コンサルティング〉

会社で運用上のルールや取決めをしたら、それでうまくいくと思っている経営者はいないでしょうか?

記事を読む

物流総合効率化法の改正〈物流コンサルティング〉

2月に物流総合効率化法が改正されてから、物流業界では様々な動きが出てきている。 東京都多摩地区

記事を読む

コンサルタント事例×お客様の声
PAGE TOP ↑