売上や利益を高めるために〈経営コンサルタント〉

業績を改善させるためにどんなことを行っていますか?

・新しい仕事に取り組む
・既存のお客さんにから更に多くの発注を受けるよう営業する
・新規開拓に取り組む
・費用構造を見直す
・ムダをなくす
・リストラする

いろいろ考えられることでしょう。

費用項目ごとにその内容,発生頻度,単価,量,特性等を見直し、コスト削減することは比較的取組易いことです。
なぜなら、社内で出来る内向きの取組だからです。

収益性を高め利益を上げるためには、費用へのアプローチと売上へのアプローチの両面に取り組むと効果的です。
ですから、新しい仕事を受注する努力が必要となってきます。

そのような顧客にアプローチしたらいいでしょうか?
どのような方法で新しい仕事にアプローチしたらいいでしょうか?

それは・・・
顧客には既存客と新規客、潜在顧客がいます。
受注活動に向けて取組易いのは、既存客です。
ですからまずは、既存客との取引拡大を目指しましょう。

また現在の仕事の「枠」を広くとらえるよう心掛けましょう。
自社が行っている仕事の周辺需要を確認してみましょう。
現在の仕事と関連がある業務であれば、関連が全くない業務より、取組易いです。

「できない」「ノウハウがない」と考えるのではなく、「どうやったらできるか」を検討しましょう。
社内にリソースが不足しているのであれば、コンサルタントや専門家などの外部資源を活用することだって可能です。
前向きに考えることが、売上拡大,利益増につながります。
challenge_costdown[1]

関連記事

改善活動を定着させるヒント〈経営コンサルタント〉

製造業や運送業、サービス業をコンサルティングする中で、つねに意識しているのは改善活動を定着させること

記事を読む

物流センターで取り組む業務〈物流コンサルティング〉

岡山にも拠点がある運送会社の物流センターでは、保管,在庫管理業務として、取引先工場の製品だけでなく仕

記事を読む

運送業の経営革新〈物流コンサルタント〉

運送業の経営革新では、いわゆる単機能から複合機能へサービスメニューを複合化するということが考えられま

記事を読む

社員に関心を持つ〈経営コンサルタント〉

弊社は、製造業の現場改善や経営革新改善をコンサルティングしている。 経営者がどれくらい社員に関

記事を読む

当事者としての自覚〈経営コンサルタント〉

外から見ると順調に業績を拡大させているようでも、ヒアリングすると「うちは問題だらけですよ」という経営

記事を読む

物流マンのやる気を引き出す2〈物流コンサルティング〉

前回は物流マンのやる気を引き出すために必要な仕組みについて、その概要をお話ししました。 多機能化し

記事を読む

経営計画書作成の勧め

弊社では経営計画書を作成し、社員を巻き込んだ経営管理体制を構築することをお勧めしています。 弊

記事を読む

ベンチマーク〈経営コンサルティング〉

製造業や流通業のコンサルティングにおいて、ベンチマークで当該企業の問題点を仮説として持つと真因を把握

記事を読む

ビジョンを実現するために〈経営コンサルタント〉

社員を未来に導いていくにはどうすればいいだろうか? 未来に目線を向けさせるためには? 日頃仕

記事を読む

チーム編成〈物流コンサルティング〉

物流コンサルタントとして物流改善に取り組んでいくとき、大型物流センターの場合、プロジェクト内でもチー

記事を読む

コンサルタント事例×お客様の声
PAGE TOP ↑