入庫作業の改善〈物流コンサルティング〉

皆さんの会社ではそのような入庫作業をしていますか?

製造業や3PLの運送業者では、大型の物流センターを設けて製品や商品のハンドリングや保管管理を行っています。

キャパシティが1,000坪超のような大型物流センターにおいては、商品が入荷、検品後の入庫作業がスムーズに行えることが大切です。

何故なら、多くの物流センターは午前中で入庫処理が行われ、午後からは当日受注分の出荷作業が行われるからです。

当日受注分はいつまでに出荷を完了する必要があるでしょうか?

路線便や宅配便を利用する場合は、午後5時までには商品をピッキング,梱包して出荷作業を完了させなければ路線会社や宅配会社では集荷をしてくれません。

また、貸切便を利用する場合でも、輸送距離によりますが、午後5時には積込みを完了する必要があります。

そうしないと、運送会社が輸送してくれないから(もしくは運送会社が嫌がり、やがてはコスト高の運賃を支払うようになるから)です。

であれば、

午前中の仕事である入庫作業をスムーズに終わらせて、午後からの出荷作業に対応するため準備しておくことが大切になります。

 

先日、ある物流センターを視察した際に、入庫の導線が長くなっており入庫作業が非効率になっていました。

原因を観察すると、

パレットで入荷した製品をかご台車に積替えした際、ランダムに製品を積み重ねていました。

パレタイズされた製品をやむを得ず、積み替えないといけない場合には、後工程の入庫作業がやり易いように考える必要があります。

具体的には、製品のロケーションやゾーニングを考慮してかご台車に積み付けすることです。それにより、作業導線が短縮し効率化が図れます。

物流センター内でワークサンプリングを行って、生産性を確認してみましょう。

井石2

関連記事

成功のカギは社員の才能とやる気を引き出すこと〈経営コンサルティング〉

顧問先の製造業や運送業のクライアントから驚かれることがあります。 それは「社員のみんな、前向き

記事を読む

問題を発見する目とは〈経営コンサルタント〉

製造業の会社にコンサルティングする時、いつも気にして診ることがあります。 それはどんなことかと

記事を読む

数字で経営を掴む(経営コンサルティング〉

製造業や運送業の経営コンサルティングをしている時、どんな現場であっても、数字で経営の実態を把握すると

記事を読む

物流作業の生産性を高める2〈物流コンサルタント〉

物流作業の生産性を高めるためには、何に取り組めばいいでしょう? 前回はボトルネック工程を見つけて改

記事を読む

意思疎通は質と量ともに〈経営コンサルティング〉

活力があり成果を上げている会社には共通点があります。 それは    意思疎通がしっかり出来ている

記事を読む

出荷作業の改善〈物流コンサルティング〉

岡山県内にあるABC物流センターで、物流業務の効率化コンサルティングを行ってから1年が経過しました。

記事を読む

物流改善プロジェクトの目標を明確に〈物流コンサルティング〉

物流コンサルタントとして、物流改善プロジェクトを進めるに当たってはその目的を明確にします。 プ

記事を読む

会社を改革する、改善することは抵抗勢力に屈しないこと〈経営コンサルタント〉

今までコンサルしてきた会社には、製造業・卸売業・運送業・サービス業・小売業があります。 改めて、「

記事を読む

製造業の経営改善〈経営コンサルティング〉

モノづくり企業である製造業の経営改善について、事例をお話ししましょう。 岡山の製造業A社では、

記事を読む

やらないといけない理由を作る〈経営コンサルタント〉

皆さんは「百聞は一見にしかず」という言葉をご存知でしょう。 実はこれには続きがあります。

記事を読む

コンサルタント事例×お客様の声
PAGE TOP ↑