物流部の役割〈物流コンサルティング〉

製造業や卸売業において、物流部はどのような役割を果たすのでしょうか?

営業部は既存顧客との良好な関係作りや新規顧客の開拓により、会社に収益面で貢献してますよね。

製造部は顧客のニーズに対応した、またそれを上回る製品を作り自社のブランド化に貢献ますよね。モノづくりを通して会社に貢献しているわけです。

 

では物流部はどうでしょうか?

物流部は自らは売上に貢献できません。よってコストセンターとしての位置づけとなり、日陰的な存在になりやすい。

 

でも視点を変えてみると、物流部も収益に貢献しています。

物流部は物流センターの運営を行い、顧客に製品や商品を届けているわけですから、自社のどの製品がどれだけ動いているかってことが分かるはずです。

自社製品の出荷データを分析して死蔵品や滞留している製品をリスト化し、営業部に対して販売促進による売り切りを提案することができますよね。

売り切ることで物流センター内の在庫が削減できると、

①キャッシュフローが向上する

②作業導線が短縮でき物流センターでの作業効率が向上する

③キャパシティに余裕ができ空いたスペースを活用できる

④物量の波動に対応しやすくなる

⑤入手したキャッシュで売上に貢献する資産を購入できる

などのメリットがあります。

 

社内の部門に対する物流部のこのような提案活動で、ROA(投下資本利益率)に代表される収益性を高めることができるわけです。

大切なことは、提案しよう貢献しようとする想いを持つことと、データを読み取る力をつけることです。

sum4

関連記事

運輸業の経営改善〈経営コンサルタント〉

運輸業、いわゆるトラックを保有し輸送や配送を行っている一般貨物自動車運送業者は、社数にして全国で57

記事を読む

工場視察で診たこと〈物流コンサルタント〉

製造業のコンサルティングでは、いろいろな製造業の工場経営改善・改革を支援しています。 今までコンサ

記事を読む

やらないといけない理由を作る〈経営コンサルタント〉

皆さんは「百聞は一見にしかず」という言葉をご存知でしょう。 実はこれには続きがあります。

記事を読む

物流作業の生産性を高める2〈物流コンサルタント〉

物流作業の生産性を高めるためには、何に取り組めばいいでしょう? 前回はボトルネック工程を見つけて改

記事を読む

収益性とは〈経営コンサルティング〉

コンサルタントが中小企業の経営者に以下のような質問をします。 「儲かっているかどうかはどのようにし

記事を読む

経営理念を浸透させましょう

どれくらいの中小企業が経営理念を作成し、組織に浸透させる努力をしているのでしょうか? 紹介をい

記事を読む

決められない病から脱却する〈経営コンサルティング〉

顧客からの紹介でコンサルティングを実施することがよくあります。 顧問先には二つのパターンがあり

記事を読む

コンサルの成果〈経営コンサルタント〉

コンサルティングでは、私は経営者だけでなく従業員を巻き込んだ取り組みで成果を上げるようにしている。

記事を読む

物流作業の生産性を高める4〈物流コンサルタント〉

物流作業の生産性を高めるためには、何に取り組めばいいでしょう? 前回はフリーロケーションの活用につ

記事を読む

営業マンのやる気とは〈経営コンサルタント〉

どのような事業を営んでいる会社も、商品やサービスをお客さんに買ってもらわなければ売上は増えませんよね

記事を読む

コンサルタント事例×お客様の声
PAGE TOP ↑